カンジダの潜伏期間と温泉との関係について

カンジダとは元々人の体の中にいる常在菌の一つで真菌というカビの一種です。元々存在している菌なので、普段は何も感じることはないのですが、カンジダ菌の中でも「カンジダ・アルビカンス」という菌が増殖するとカンジダ症を発症するのです。菌が増えてくると陰部がとても痒くなり、陰部に炎症がおこり発赤し、ひどい場合になると無意識にひっかいてしまい、引っかき傷のようになってしまう人もいます。おりものが白くなり、豆腐のかすのような感じやヨーグルト状のようなおりものが出てくるようになります。この症状は妊娠中や、病気にかかり抗生物質を飲んだり、糖尿病だったり、体力を消耗し抵抗力が下がっていたり、発熱した時、温泉などで長湯をして体が暖まった時などに発生します。
抗生物質を飲んでいる時に症状が出やすいのは、薬によってカンジダに対抗出来る膣内の細菌が減り、炎症をおこす方の菌が増殖しやすくなるため、抗生物質によって症状が出るのです。
しかし、抗生物質を飲まなければ、他の病気がさらに悪化して重症化することもあるので、自己判断してやめてしまわずに、医師に相談することが大切です。
また、温泉やサウナ、岩盤浴などに行った後に症状が出てくる場合は、温泉やサウナなどで感染したというわけではなく、家でお風呂に入るより、長めにつかったりして長時間体温が上がることで、体の中のカンジダ菌が増殖して症状が出て来くる場合があります。
カンジダの潜伏期間は2日~1週間ですが、必ずしもこの潜伏期間に発症するということではありません。そして、この症状が出ている時は性交渉はやめておきましょう。男性側にカンジダ特有の症状が出ることは少ないのですが、白いカスのようなものがついたりして性器に炎症がおきたり、尿道に感染して尿道炎になることもあるので疑いがある時はやめましょう。潜伏期間が1週間ほどなのでかゆみや炎症に気付いたら、すぐに病院へ行きましょう。