カンジダの症状に対する日本せい感染症学会の見解

カンジダはセックスが原因の場合もありますが、ほとんどの人の体内に存在している常在菌なので、他の性感染症と比較すると症状も軽度で自然治癒する可能性も非常に高くなります。日本せい感染症学会では膣カンジダ症などに関してはピルの服用でなることが多いので性感染症には含めていないのですが、セックスによって感染することもあるので、膣カンジダ症の場合には粘膜を直接接触させることを避けるなどの対処が必要となります。日本せい感染症学会の調査でもカンジダの感染経路はほとんどの場合は免疫力の低下が原因で、この他には抗生物質の使用などで常在菌のバランスが崩れた場合に発症するので、風呂やトイレ、食器の共用などで感染することはないとされています。日本せい感染症学会では妊娠時やピル内服時にカンジダになりやすいとしていて、男性の場合は亀頭や包皮に感染することが多く痒みなどの増加などがあるとしています。カンジダの治療法としては軟膏やクリームの他にも内服薬や座薬などの薬を投与することが有効であるとされています。うつ病性昏迷はうつ病が重症化して意識的に体や脳が活動していない状態で、うつ病と脳出血などが同時に起きるとうつ病性昏迷になるリスクが高まるとされていて、この病気は専門の病院や施設での治療が必要なのでうつ病性昏迷の状態になった場合には入院治療が一般的です。うつ病性昏迷は診断が難しいので脳梗塞などによる意識障害などと混同されることもありますが、もともとうつ病を患っていた場合には脳出血によって脳の機能が低下することで意識的に体を動かすことがなくなるとされていて、一般的にはうつ病性昏迷状態になると植物状態と見分けがつきにくくなります。