性器カンジダ症への感染を防止して胎児の安全を守る

出産を控えた女性は、何かと留意しなければならない事柄があります。
胎児への影響が懸念されるからです。
もちろん、疾病もその一つです。
たとえば、性感染症も、胎児に影響を及ぼすものがあって、自分だけの問題ではなくなっているのです。
性感染症には多くの種類がありますが、必ずしも、性行為からのみ感染する、というわけではありません。
性交渉が全くなくても、感染してしまう恐れがあるのです。
性器カンジダ症も、その例の一つです。
そもそも、膣の中に菌が存在していることが多いのですが、それが悪さをしなければ、何ら問題はありません。
しかし、何かのきっかけで、菌が暴れ出すと、たちまち性器カンジダ症として猛威をふるうのです。
症状としては、白いカスのようなおりものがあり、外陰部の痒みや腫れが見られます。
治療としては、主に塗り薬を使うことによって、1~2週間で普通は治ります。
ただ、再発しやすい性質を持っていますので、防止のために、膣を常に清潔を保つように努めなければなりません。
出産時に治っていないと、最悪の場合、胎児に感染してカンジダ菌が口内に感染したり、あるいは、皮膚炎になる事態も考えられます。
そういった事態を防止するためにも、妊娠中に、もしおりものの色や膣の痒みなどといった通常とは違った状態になったときは、必ず医療機関で検査を受けることが大切です。
そこで、感染していたことがわかったら、可能な限り、早い時期に治療することです。
また、性器カンジダ症は再発することが珍しくありません。
再発を繰り返すことによって、カンジダ菌が薬に対する耐性を持ってしまう事態もあり得ます。
そうなると、完治させることが困難になってくるかもしれません。
そういったことを防止するため、最優先すべきは、性器カンジダ症にならないように予防することが重要です。